東京展(東京都美術館)は
12月10日(日)に終了しました。

福岡会場は新春1月5日から!
カラヴァッジョ≪洗礼者聖ヨハネ≫、日本初公開!


バロックを代表するイタリアの画家・カラヴァッジョ(1571-1610)の≪洗礼者聖ヨハネ≫が日本初公開!

会場内は写真撮影OK!

福岡会場では、一部作品を除き、会場内での写真撮影OKです!
ぜひお気に入りの作品を撮って、「#ローマ展」「#福岡市美術館」をつけて、X(旧twitter)、instagram 、Facebookで投稿してください!

永遠の都ローマ展 チケット好評発売中!

公式サイトイーティクス、各種プレイガイドでは、チケット好評発売中です!
チケットはこちらから

ニュース

会場写真をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
※写真は東京会場の展示室です。

永遠の都ローマ 二千年を超える栄えある歴史と比類なき文化は、古代には最高神をまつる神殿がおかれ、現在はローマ市庁舎のあるカピトリーノの丘を中心に築かれました。その丘に建つカピトリーノ美術館は、世界的にもっとも古い美術館の一つに数えられます。同館のはじまりは、ルネサンス時代の教皇シクストゥス4世がローマ市民に4点の古代彫刻を寄贈したことにさかのぼります。古代遺物やヴァチカンに由来する彫刻、またローマの名家からもたらされた絵画など、その多岐にわたる充実したコレクションは、古代ローマ帝国の栄光を礎に、ヨーロッパにおける政治、宗教、文化の中心地として発展したローマの歩みそのものにも重ねられます。

本展は、カピトリーノ美術館の所蔵品を中心に、建国から古代の栄光、教皇たちの時代から近代まで、約70点の彫刻、絵画、版画等を通じて、「永遠の都」と称されるローマの歴史と芸術を紹介します。

なお、2023年は、日本の明治政府が派遣した「岩倉使節団」がカピトリーノ美術館を訪ねて150年の節目にあたります。使節団の訪欧は、のちの日本の博物館施策に大きな影響を与えることになりました。この節目の年に、ローマの姉妹都市である東京、さらに福岡を会場として、同館のコレクションをまとめて日本で紹介する初めての機会となります。

特別動画